桐光学園 小学校 / 神奈川県川崎市の私立小学校

神奈川県川崎市の私立小学校【桐光学園 小学校】

桐光小だより桐光小だより

校長からのメッセージ

寒い朝には

2019年11月22日 (金)
 朝の学校・栗平駅周辺の寒さがだんだん厳しくなってきました。気温もそろそろ一けた台になっているでしょう。
 駅前広場で子どもたちを見守っていも、歩みがゆっくりになって、「さむい!」という声がたくさん聞かれます。コートはまだ着ていなくても、そろそろ手袋は持っていてほしい季節です。手が冷たいと姿勢が悪くなり、おまけにポケットに手を入れたくなります。何かにつまづいて転んだときに手をつけないと大きな怪我をしてしまうこともあります。
 子どもたちを見送るときに、温かい声かけと手袋を!

4年生の校外学習

2019年11月 8日 (金)
4年生の校外学習  4年生社会科の「昔の道具や生活の様子を調べる」学習のために、府中市郷土の森博物館行きました。久しぶりに私も同行してきましたが、係の方の説明をよく聞きながら、しっかりとメモをとる子どもたちに感心しました。
 古民家(旧河内家)の見学では、かやぶきの住宅の特徴を知り、またふきかえたあとのかやは肥料になることなどにも子どもたちは驚いていました。家の中で蚕を育てることを聞き、養蚕がいかに大切な仕事であったかも分かったようでした。他にもいくつかの昔の建物を見学し、博物館内の展示物もしっかりと見学できたようでした。
 昭和の時代は今の子どもたちにはもう歴史の学習の一部になってきていることを改めて感じた時間でもありました。とっても楽しかったです!

運動会

2019年11月 6日 (水)
 2度延期と中止になった今年の運動会でしたが、年間予定では授業参観日だったこともあり保護者の皆さんに学校に来ていただける日と判断し、午前中に運動会で予定していた競技・演技を見ていただくことができました。
 6年生は最後の運動会、1年生は初めて取り組んだリズム体操などを発表できる運動会、一人ひとりの思いは様々だったと思いますが、グラウンドは朝から子どもたちと保護者の皆さんの笑顔でいっぱいでした。
 競技や演技の中で何度も胸が熱くなるような場面がありました。たくさんの喜びと感動をいただけたことに感謝です。
 子どもたちと教員たちの力が一つになって、それを支える保護者の皆さんがいてくれます。
 ありがとうございました。

学校説明会

2019年9月 1日 (日)
昨日は第2回目の学校説明会が行われました。
例年ですと、2回目の説明会は1回目と内容が同じということでそれほど多くの
参加はなかったのですが、今回は予想以上に多くの参加者がありました。年長の
お子さんを持つ方だけではありませんでしたが、このように多くの方々に桐光学
園小学校の今に関心を持っていただけるのはありがたいことです。
これでこの秋の入試に向けた説明会は全て終了いたしました。学校内外で桐光学
園小学校のご紹介をさせていただいておりますが、いよいよ願書受付が始まりま
す。
子どもたち一人ひとりの「今」そして「これから」を大切にする学校作りを進めていきます。

嬉しいニュース

2019年8月 2日 (金)
ここ数日の猛暑は予想はしていたもののなかなかの厳しさです。
7月30日まで続いた夏季講習と個人面談が終わって、子どもたちはしばらく夏
休みとなりました。
教職員はこういう時間を有効に使って、会議、研修の時間をとるようにしていま
す。
高等学校サッカー部のインターハイ優勝という嬉しいニュースも入ってきました。
子どもたちがいつも見ている桐光ブルーのユニフォームを着たお兄さんたちが日
本一になったことをみんな喜んでいることでしょう。
小学校開校の年に、1年生の子どもたちと一緒に国立競技場での決勝戦
の応援に行ったことを思い出します。高校野球やサッカーの応援は小学校の学校
行事のようになっていることは子どもたちにとってとても幸せなことです。

明日から夏休み

2019年7月23日 (火)
 明日から夏休み、そして厳しい暑さが待っているようです。
4月からの4か月間の学校生活で、1年生もすっかり学校に慣れて元気いっぱい
です。いろいろな活動を経験して、自分の力でできることが少しずつ増えてきて
いることでしょう。そういう子どもたちの成長を本当に嬉しく思います。
 朝、栗平駅で子どもたちの様子を見ていると、笑顔の挨拶は当たり前、1年生
の中には朝どんなものを食べてきたかを教えてくれる子もいます。4月ごろはお
母さんと分かれるときに不安そうな顔をしている子もいましたが、今では笑顔で
「行ってきます」と言えるようになりました。
 また、先日兄弟学年が組になって、学校の中の宝(先生)探しをするという企
画がありました。集会委員の子どもたちが考えてくれたのですが、異学年の交流
としてとてもよかったと思いました。子どもたちが一緒に活動し、そして学び合
う、そういう機会をできるだけ多くしていきたいものです。

子どもたちの安全のために

2019年5月29日 (水)
 5月28日朝、登戸駅近くでスクールバスに乗車するために整列していた子どもたちが突然襲われるという事件が起きました。2人の命が奪われ、そして多くの子どもたちが傷つけられました。亡くなられたお二人のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた子どもたち、心に傷を負った子どもたちが元気になられることを心からお祈りいたします。
 今朝は、バス当番の教員たちと共に栗平駅でスクールバスに乗車する子どもたちを見守りました。いつも子どもたちの様子を見てくださっている交番の警察官もいてくださり大変心強く思いました。子どもたちを見送りに来てくださった保護者の方からは不安の声も聞かれましたが、「子どもたちのためにできることはします」とおっしゃってくださる方もいらっしゃいました。学校としても今できること、今しなければならないことをきちんと実行していきます。

地区別グループの集まり

2019年4月12日 (金)
 始業式から3日間、1年生は午前下校でした。昨日から午後の活動も始まると、上級生たちが遊んでいる様子を見て、早く校庭を走りまわって遊びたいと思う子もいたはずです。これからいろいろなことに挑戦していく子どもたち、一人ひとりみんな思いは違うかもしれませんが、仲よくすごすためにはどうしたらよいかを少しずつ学んでいってほしいです。
 昨日、地区別グループの集会がありました。上級生たちのやさしい声かけは下級生にとって何より嬉しく、安心できるものだと思います。数日前から、地区別集会をどのように進めようかと考えている6年生もいて、中には私の部屋で打ち合わせをするグループもあり、その熱意を感じて嬉しく思っていました。
 やさしさが上級生から下級生へ、子どもから子どもへ伝わっていく温かい学校でありたいです。

新年度スタート

2019年4月10日 (水)
新しい年度のスタートです。
3月末に桜が開花してから少し気温の低い日が続いたために、入学式ごろにも満開の桜を見ることができました。満開の桜が、1年生に、そして在校生みんなに「おめでとう」「みんな元気にがんばってね」というメッセージを送ってくれているように感じました。
私が始業式で子どもたちに話したことは次の3つです。
1 あいさつをたいせつにしましょう
2 ともだちのいいところをみつけてあげましょう
  (ともだちのいろいろなところをみとめてあげましょう)
3 すきなことをみつけましょう
このようなことを子どもたちとの生活で心がけていく一年間にします。

2019年スタート

2019年1月 7日 (月)
明けましておめでとうございます。
新年の活動が今日から始まりました。元気に登校してきてくれた子どもたちに感謝!教職員が一つとなって、子どもたちの応援をしていきます。
朝会での私からの今年のメッセージを伝えました。
・・・
だれかの 「あのね」が きこえたら
そっと こころを ちかづけてみてごらん
「あのね」のつづきは なんでしょう

あなたの やさしいこころが
おおきなちからとなって つたわります
このようにできるあなたは とてもすてきです
・・・
私も、子どもたち、保護者、教職員、そして自分と関わる人たちの「あのね」に耳を傾け、心を寄せていける人間でありたいと思っています。いつも、私を支えてくださっている多くの人たちへの感謝を忘れずに。
↑PageTop