桐光学園 小学校 / 神奈川県川崎市の私立小学校

神奈川県川崎市の私立小学校【桐光学園 小学校】

桐光小だより桐光小だより

桐光小ニュース

春の便り

2020年3月27日 (金)

 小学校脇の歩道の片隅に、スミレが咲いていました。歩道とコンクリート壁のすき間から顔を出す姿は、かわいらしくもたくましさを感じさせます。そこから1,2分程歩いたところに、小学校の農園があります。ここにも春が訪れていました。5年生の畑にはジャガイモの芽が出ており、農園の下にある学園のグラウンド脇には桜の花が咲き誇っていました。
 植物たちは、忘れることなく春の便りを運んできました。蕾が開いてきれいな花を咲かせたように、学校が子どもたちの元気な声と笑顔でいっぱいになる日を楽しみにしています。一日も早い事態の収束を願いながら、健康・安全面への配慮も含めて次年度に向けた準備を進めてまいります。

202003nouen003_2

202003nouen001_2

202003nouen002_2

卒業おめでとう

2020年3月14日 (土)

 12日(木)~14日(土)の3日間は、6年生にとって最後の「登校日」でした。大人数で集まるのが難しい社会情勢の中、各自が3日間のうち1日を選んで登校する形となりました。
 登校してきた子どもたちを全教員でお出迎えし、校長室では校長先生が一人ひとりに卒業証書を手渡しました。卒業証書を受け取る姿をお家の方に見ていただけたのは、とてもよかったと思います。小学校を巣立っていく卒業生の門出を、ささやかな形ではありますがお祝いすることができました。

 卒業証書を受け取った後、家族や友だち、先生方と一緒に写真を撮る姿や、思い出話に花を咲かせる姿がありました。急な臨時休校だったために、まだ教室には子どもたちの荷物が残されています。「片づけて帰らなくちゃ・・」そう言いながら向かった教室には、1年生から6年生までの写真が飾られていました。入学時の顔写真を見て、子どもたちは大興奮。「私ってこんなだったの?!」「面影があるね!」顔を見合わせ大笑いしながら、互いの成長を実感し合っているようでした。
 共に過ごした日々を思い出すたびに、いつも心の支えになっていく仲間たちであると思います。小学校での多くの出会いや学んだことを胸に、これからも一人ひとりが輝いていってほしいと思います。 

202003sotsugyou01

202003sotsugyou06

202003sotsugyou08

穏やかな陽気

2020年3月 6日 (金)

 今日は、春を感じさせる穏やかな陽気に包まれました。小学校農園では、菜の花、オオイヌノフグリ、タンポポなどが、色鮮やかに咲いています。いつもは子どもたちが元気に走り回るグラウンドも、楽しそうな声が響き合う教室も、ひっそりとしている小学校です。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、本校でも2日~19日まで休校措置を取りました。本来の形での「卒業式」で6年生をお送りできないことも、年度末の大切な時期に学校で過ごせないことも、たいへん残念に思っています。きっと、子どもたちも同じ気持ちでこの時期を過ごしていることでしょう。23日以降については未定ですが、登校が再開した時に子どもたちが元気な顔を見せてくれるのを心待ちにしています。
 今は、一日も早くこの事態が収束することを願っています。

20200306haru004

20200306haru001

20200306haru002



「おめでとう」の気持ち

2020年2月28日 (金)

 連日、新型コロナウイルスに関するニュースが報道されています。本校でも3月2日(月)からしばらくの間、休校措置を取ることになりました。
 突然、今日が今年度最後の登校日になってしまいました。驚きを隠せない子どもたちです。「6年生を送る会」に向けた準備も、5年生を中心に始まったばかりでした。そこで今日、5年生の教室ではお祝いの気持ちを群読にして贈ることになりました。入学式の日に歌ってもらったビューティフルネームのこと、スキー教室でお世話になったことなど、先輩方への思いが詰まった素敵な群読メッセージでした。お互いに慌ただしい一日だったため映像を観てもらうことになりましたが、6年生は後輩からのサプライズをたいへん喜んでいました。
 特別なプレゼントがもう一つありました。6年生の教室で帰りの会が始まると、5年生は紅白の花飾りを持って昇降口へ向かいました。1・2組それぞれの下駄箱が、鮮やかな色合いに様変わりです。帰りがけの6年生が下駄箱を見て目をまるくしていました。5年生からのプレゼントだと聞き、思わず目が潤む6年生もいました。「この花、持ち帰ってもいいですか?」と花飾りを一つ手にして、大事そうに持ち帰る姿もありました。
 例年とは違ったかたちでの「おめでとう!」になりましたが、来年度最上級生となる5年生の思いが、卒業を控えた6年生に届いたことを嬉しく思います。
 
 

20200228sotsugyou3_4

20200228sotsugyou2_3

20200228sotsugyou1_3

ジャガイモの栽培(5年生 総合)

 小学校農園では、5年生が種芋を植えていました。発育しやすいように適度に間隔をあけてシャベルの長さと同じくらいの深さに穴を掘り、一個ずつ植えていきました。ジャガイモは毎年夏に収穫し、収穫祭の日のカレーライスの材料として使われます。明日から学校がお休みになるので、次に農園へ足を運ぶのは4月の上旬になります。一般的には10日から2週間ほどで芽が出てきますから、その頃にはずいぶんと農園の様子が変わっていることでしょう。しばらくの間は子どもたちが観察できないので、発芽~生長の様子を記録に残しておこうと思っています。

20200228zyagaimo3_2

20200228zyagaimo2_2

20200228zyagaimo1

春へ・・・

2020年2月27日 (木)

 日中は朗らかな陽気に包まれる日が増え、少しずつ春の訪れを感じます。小学校前のメイングラウンド入り口にも、河津桜が色鮮やかに花を咲かせています。
 現在、小学校Bグラウンドの改修工事が行われています。先週末から人工芝の張り替えが始まり、完成が近づいてきました。「Bグラウンドはいつから使えるのですか?」日頃サッカーを楽しんでいる子が、待ち遠しいといった様子で尋ねてきました。あと2週間ほどで使えるようになることを伝えると、嬉しそうな表情を浮かべていました。
 もうすぐ3月です。6年生は卒業に向けての準備を進め、1~5年生は一年間のまとめをする時期です。充実した残りの日々を過ごしてほしいです。 

20200227spring4

20200227spring7

20200227spring8

鉄棒ダンゴムシ大会

2020年2月25日 (火)

 放送委員によるお昼の放送の最後に、保健体育委員会からのお知らせがありました。「今日の昼休みに“鉄棒ダンゴムシ大会”が行われます。参加したい人はAグラウンドの鉄棒に集合してください」
 昼休み、鉄棒のまわりには子どもたちが集まっていました。保健体育委員会が企画したこのイベントでは、鉄棒にぶら下がっていられる時間を計測してもらいます。何度でも挑戦することができ、一番よい記録が書かれた記録証がもらえます。子どもたちは一秒でも好記録を出そうと、必死に鉄棒にぶら下がっていました。
 がんばる友だちに力強い声援を送る子、40秒を超える記録を出した友だちに大きな拍手を送る子。和やかな雰囲気に包まれた鉄棒ダンゴムシ大会でした。
 

20200225_dangomusi3

20200225_dangomusi2

20200225_dangomusi1

発表会

2020年2月22日 (土)

 今日は発表会でした。午前中に低学年の部、午後には高学年の部が行われました。
 群読、英語、音楽など、学年ごとに練習してきた様々な演目を発表をました。お家の方々を前に少し緊張気味の様子でしたが、子どもたちはこれまで練習してきたことを伸びやかに表現することができました。
 教室に戻ってきた子どもたちは、ほっと一息といった表情をしていました。「楽しかった~!」と無邪気に話す1年生。「間違えなかった!」と声を弾ませる3年生。5年生は「来年も劇がしたいな」と話すほどに、学年全員で作り上げた劇が楽しかったようです。
 発表会に向けた練習、そして今日の本番を通して、子
どもたちは多くのことを学びました。友だちと力を合わせて一つのものを作り上げたことも、大きな自信になったことでしょう。

20200222happyou1

20200222happyou2_2

20200222happyou3

校内発表会

2020年2月20日 (木)

 昨日と今日の2日間は「校内発表会」でした。
 「音楽の部」が行われた昨日は、各学年による音楽の発表がありました。低学年の子どもたちのかわいらしい演奏や歌声は、会場全体の雰囲気を和やかにします。兄弟学年の下級生を見つけて、目を細めながら聴き入っている上級生たちの姿もありました。6年生はシベリウス作曲「フィンランディア」に挑戦しました。コルネットという金管楽器を用いた楽器編成により、オーケストラさながらの迫力のある演奏を聴かせてくれました。
 2日目の今日は「表現の部」です。「がまくんとかえるくん」の『お手紙』を英語で発表した2年生、身近な絵本を題材に学年劇に取り組んだ4・5年生。1・3・6年生の息の揃った群読の発表、ダンスクラブによる躍動感のあるステージもありました。
 1年生は昨日までインフルエンザによる学年閉鎖中でした。今日の表現の部で音楽の発表も行い、元気な姿を見せてくれました。いよいよ土曜日は保護者がいらっしゃる発表会。まだ回復していない子たちもそれまでに元気になって、ステージに上がれるといいなと思います。
※“交換留学生”たちも校内発表会を一緒に鑑賞しました。UAEのムハジャーとムサファー、台湾のベースボール、そしてベラルーシからやって来たテディです。日本の小学校の発表会を、楽しんでくれたことでしょう。

20200220_kounai2_3

20200220_kounai1_3

20200220_kounai3_3

美しい日本語の話し方教室(5年生)

2020年2月18日 (火)

 劇団四季の俳優の方による『美しい日本語の話し方教室』が行われました。劇団四季の方々が舞台で実践されている《母音法》を用いながら、日本語を正しく美しく発音するコツを学んでいきました。
 俳優さんたちの後に続いて、「あ・い・う・え・お」の5つの母音を意識しながら発音していきます。「おはようございます」は「オアオオオアイアウ」、「学校へ行ってみよう」は「アッオーエ イッエイオー」。そんな風に母音だけで発声練習をした後、今度は子音を入れてもう一度声に出してみました。すると、今までにないハキハキとした声が響きました。母音を意識することによって、こんなにも「伝わる言葉」に変化することを、全員が実感した瞬間でした。
 最後に、大切な友だちを頭に浮かべながら「ともだちはいいもんだ」を歌いました。歌詞の意味をかみしめるように、そしてもちろん母音を大切にしながら歌うと、素敵な歌声になりました。発表会が間近に迫り、5年生は今日の特別授業の後にも「劇」の練習がありました。これまでの練習の時よりも、台詞が遠くまで届いていたように感じます。普段の会話はもちろんのこと、劇や合唱などの表現にも今日の学びを生かしてほしいです。

20200218nihongo01

20200218nihongo02

20200218nihongo03

↑PageTop