桐光学園 小学校 / 神奈川県川崎市の私立小学校

神奈川県川崎市の私立小学校【桐光学園 小学校】

桐光小だより桐光小だより

桐光小ニュース

きれいな校舎に(校内美化活動)

2024年5月18日 (土)

 今日の午後、校内美化活動が行われました。多くの児童・保護者・教職員が一緒になって校舎内をきれいにする活動です。

 スポンジを使って汚れを落としていきます。低い箇所は子どもたちが磨き、高いところはお家の方の力を借りて、力を合わせて作業を進めていきました。あっという間に教室や廊下、階段の壁が白くなり、校舎内が明るくなったように感じます。5年生の子どもたちは、ひかりホールも綺麗にしてくれました。

 美化活動後には飲み物とお菓子が配られ、ひと休みしながら参加者同士で交流する時間がありました。5・6年生は飲み物とお菓子を配るお手伝いをしてくれて、ここでも大活躍です。子ども同士の交流はもちろんのこと、私たち教員にとっては、保護者の方々と親睦を深める時間となりました。

 児童・保護者・教職員が一緒に楽しい時間を過ごせる機会を、これからも大切にしていきたいです。

2024bika008_2

2024bika005_2

2024bika03_2

小田原城へ(6年生 遠足)

 金曜日、6年生が小田原城へ行ってきました。澄み渡る青空と心地よい初夏の風、絶好の遠足日和でした。

 小田原城は、北条氏5代 約百年に渡って関東支配の拠点となったお城です。立派な天守閣や、江戸時代になって築かれたとされる城郭の石垣など、多くの史跡が近年になって復元されています。天守閣を目指すようにして、子どもたちはボランティアによる解説を聞きながら城址公園を歩きました。「城」という字を「土」から「成る」と書くように、お堀を掘って土塁を高くしていったこと。石垣の組み方には、多くの工夫や昔の人の知恵が詰まっていること。史跡を目にしながら興味深いお話を聞き、多くのことを学びました。

 本丸では、天守閣とサムライ館の自由見学の時間を取りました。サムライ館で様々な種類の甲冑を見たり、天守閣内の展示をヒントに「小田原検定クイズ」に答えたりして歴史に親しむ子どもたちの姿が見られました。「広島城や大阪城にも行ったことがあるよ」と他のお城と比較しながら楽しむ子、展示されている刀剣をじっくりと見つめている子の姿も。歴史の学習に期待を膨らませた子も多いのではないでしょうか。

 もう一つの活動は、観光交流センターでの寄木細工コースター作り。テーブルに並べられたひし形や三角形の木片が材料です。材色や木目を生かし、寄せ合わせることにより、一人ひとり異なる文様がつくり出されます。世界に一つのオリジナルコースターが、遠足の大切な思い出になったことでしょう。

202405ensoku009_2

202405ensoku007

202405ensoku001

ビンゴ、楽しかったね!(第一回全校集会)

2024年5月16日 (木)

 集会委員による全校集会が行われました。初回の企画は「ビンゴゲーム」。兄弟学年の3兄弟(1・3・5年生、2・4・6年生)が一緒に座って挑戦しました。

 1~75までの数字の中から24個の数字を書いて、ゲームに臨みます。1年生にとってはずいぶん大きな数字ですので、数字を書き込みところから3・5年生がサポートしました。ひかりホールの大きなスクリーンにランダムに映し出される数字を見て「やった!」と嬉しそうに声を上げる子、「おしい~近い数字だったのになぁ」とくやしそうな表情を浮かべる子。どの学年の子どもたちも大盛り上がりです。

 早くカードの数字が一列に揃った子には、集会委員が折り紙で作った景品がプレゼントされました。ある1年生が「いいなぁ、ぼくもほしかったなあ」と少しがっかりしていると、「今度、折り紙で作ってあげるよ」とパートナーの3・5年生がと声をかける姿も。優しいですね!

 ビンゴゲームを楽しんだ後には、〇✕クイズもありました。「へぇ~!」と大人もうなずくような問題も多く、こちらも大いに楽しませてもらいました。第二回、第三回・・と、今後も様々な集会を企画する計画委員会の活躍に期待したいと思います。楽しい時間をありがとう!

2024bingo5

2024bingo2_4

2024bingo3_2






美味しいね!(6年生 家庭科)

 家庭科の授業で調理実習を行いました。「ジャーマンポテト」「野菜炒め」の二品から班ごとに作る料理を選択し、協力して進めていきました。

 ジャーマンポテトは、じゃがいもの皮をむく作業から始まります。おそるおそるピーラーを皮に当てる子も、慣れた手つきで包丁を使って作業を進める子もいました。どの子も安全に十分注意しながら、作業を進めることができました。野菜炒めに挑戦する子たちも、人参やタマネギ、キャベツなどの野菜を一口サイズに切っていきます。炒め物は手早く調理することが大切ですが、これが案外難しいもの。塩加減にも気を配りながら、一生懸命調理する姿が見られました。

 美しい盛り付けも料理を引き立てます。並べたお皿一つひとつに丁寧に盛り付けている班もあり、とても感心しました。みんなで手を合わせて、「いただきます!」 それぞれの班で男女協力し合い、みんなで味わう喜びをかみしめる子どもたちでした。ぜひ、お家で家族に作ってあげてほしいなと思います。

20240516kateika1

20240516kateika2

20240516kateika3_2

新緑につつまれて(1年生 遠足)

2024年5月14日 (火)

 昨日までの雨が上がり、青空の澄み渡る一日になりました。今日は1年生が楽しみにしていた遠足の日。お天気に恵まれ、子どもたちはバスに乗りこんで「こどもの国」へ向かいました。

 最初に訪れた遊具広場で楽しい時間を過ごした後、広いこどもの国の中を進んでいきました。白鳥湖の橋を渡ったり、園内を周回する「赤ポッポ号」を見つけて手を振ったりしながら、心地よさそうに歩く子どもたち。新緑が目に眩しい美しい季節を、身体いっぱいに感じたことでしょう。お昼の時間が近づいてくると、子どもたちの腹時計が鳴り出しました。平成記念館の近くの芝生広場で昼食をとりました。青空の下、みんなで食べるお弁当は格別です。楽しく会話をしながら、笑顔で味わっていました。

 昼食後、少し休んでからみんなで鬼ごっこをしました。楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。学校に帰る時刻になると、「えー、もう帰るの!?」という声が聞こえてきました。もっともっとみんなで遊びたい! それくらいに楽しい、大満足の一日になりました。

2024ensoku12

2024ensoku13

2024ensoku11





稲作の季節(5年生 総合)

2024年5月11日 (土)

 10日(金)、5年生が代掻きの作業を行いました。代掻きでは、水を張った田の土を細かく耕して表面を平らにならします。土を柔らかくすることで苗を植えやすくするとともに、土の中に新鮮な空気を取り込んで土壌を改善させる効果があるなど、稲作の大切な作業の一つです。

 田に水を張るところまでは、学年の先生が行いました。ここから子どもたちの作業開始です。農家の方が機械を使って行う作業を、子どもたちは自分の足で行います。裸足のまま水田の中を歩くと聞き、楽しみで仕方ない! という表情の子がいる一方、「泥だらけになるの、いやだなあ」と消極的な様子の子もいました。でも実際作業が始まると、多くの子が楽しそうに水田に入って行きました。「あぶない! あぶない!」などと時折大きな声を上げながら、裸足でゆっくり歩き回るこどもたち。中には、泥まみれになることも気にせず、作業に没頭する子たちの姿もありました。

 次は、いよいよ田植えです。5年生の教室の窓際で育てている苗が順調に育ってきているので、もう少ししたら植える予定です。季節の移ろいとともに変化していく水田の様子を、楽しみながら見守っていきたいと思います。

20240510sirokaki3

20240510sirokaki2

202405inasaku5

兄弟学年で関わろう

 今年も兄弟学年の活動が始まりました。1・3・5年生、2・4・6年生の子どもたちが「三兄弟」になって、様々な機会を通して異学年交流を行います。

 1・3・5年生は、4月下旬に顔合わせをしました。まずはお互いの自己紹介。自分の好きなものをカードに書いて教え合いました。リーダー役の5年生を中心に、和やかな時間を過ごしていました。今週の木曜日には、2・4・6年生が集まりました。6年生はこの日のために、自分の名前とパートナーの名前を書いた名刺を準備して、2・4年生の子たちに渡しました。自分の拳をマイク替わりに差しのべて、「あなたの好きなもの教えて」と優しく質問する6年生の姿も。ほほえましい光景がたくさん見られました。

 兄弟学年の組み合わせは出席番号順に決められます。学年が上がると
クラスや番号がかわるため、ほとんどの子たちにとっては一年間だけの三兄弟となります。本校では1~3年生、4~6年生で休み時間を分けていますが、今年度は木曜日の中休みを「兄弟学年の時間」として、日常から自然な形で異学年の子ども同士が関われるようにしました。同じ学年の友だちとの関わりと同じくらいに、異学年同士の関わりから学ぶことも多くあります。よい出会い、関わりがたくさん生まれることを期待しています。

2024kyoudai2

2024kyoudai1_2

2024kyoudai3_2

学校探検(1・5年生)

2024年5月 7日 (火)

 1年生の学校探検がありました。今日は兄弟学年の5年生が一緒です。パートナーのお兄さん・お姉さんが、優しく手を導きながら校舎内を案内してくれました。

 「職員室の先生に用事がある時は、ここをノックするんだよ」「ここは体育館。体育館で遊ぶときのルールはね・・」校舎内の様々な場所で立ち止まっては、5年生がそれぞれの場所のことを教えてくれました。高学年の教室や、理科室・家庭科室といった特別教室など、1年生が日頃使用しない場所もご案内。入学後間もない子どもたちにとっては、小学校はとても広い場所に感じたことでしょう。

 5年生は「安全マップ」を持って1年生を案内しました。これは、安全に学校生活を送るために気をつけたいことを子どもたちで話し合い、校舎案内図に書き込んでおいたものです。1年生の目線に合わせて丁寧に教える5年生の姿に、「安心して小学校生活を送ってね」という優しい気持ちが表れていました。

 1年生にとっては、頼もしいお兄さん・お姉さんとの素敵な交流の日になりました。また、
5年生にとっても、上級生としての自覚を新たにする機会になったことでしょう。温かい雰囲気の学校探検でした。

2024tanken2

2024tanken3

2024tanken1

夏野菜を育てよう!(4年生 総合)

 総合の授業で夏野菜の栽培を行っています。4月の中旬、農園を耕すところから活動が始まりました。重たい鍬を力強くふるって土をほぐす子どもたちの姿から、これから始まる栽培活動に心を躍らせている様子が伝わってきました。

 続いて、育てる夏野菜の種類を決めました。「どれにしよう?」と、わいわい盛り上がりながら話し合う子どもたち。今年は、キュウリ、トマト、オクラ、ナス、ピーマン、エダマメ、トウモロコシの7種から一つ選び、各クラス9チームに分かれて育てることになりました。畑の畝づくりも終え、苗を植える作業まで進みました。

 自分たちで調べたり考えたりするのも大切な学習です。連休前の授業ではグループごとに野菜図鑑を調べながら、お世話の仕方や、栽培を進める上での留意点などをまとめていました。自然のものですから、時には上手くいかないことが待ち受けているかもしれません。夏野菜栽培の活動が、子どもたちにとってどのような学びの場となるのか、楽しみにしながらサポートしていきたいと思います。

2024yasai3

2024yasai8

2024yasai1





お魚も、カピパラも。(3年生 遠足)

2024年5月 2日 (木)

 今日は3年生の遠足がありました。朝方までの雨の影響で、公園での野外活動ではなく「カワスイ(川崎水族館)」へ行くことになりました。子どもたちはどちらも楽しみにしていたようで、笑顔でバスに乗って出発しました。

 4年前に完成したこちらの水族館では、多摩川ゾーンやアマゾンの豊かな熱帯雨林など、様々なエリアに分けて生き物が展示されています。学校でも飼育しているアロワナの仲間や、アフリカゾーンを泳ぐ世界最大の川魚「ピラルクー」など、淡水魚を中心に多くの種類の魚に出会いました。魚以外の生き物もいて、カピパラと触れ合うこともできました。子どもたちが背中をそっとなでると、じっとしていたカピパラさん。おだやかで、優しい目をしていました。

 最新のデジタル技術を駆使した演出も、子どもたちを魅了します。パノラマスクリーンゾーンでは、200度に広がるスクリーンに映し出されるイルカやクジラの様子を眺めながら、クルーの方の解説を聞きました。大きさに圧倒されながら、子どもたちは海の中にいるような気分でじっと見つめていました。

 みんなで一緒に見て、学んだ今日の遠足は、子どもたちにとって充実した楽しい一日になったことでしょう。連休明けの学校生活でも、仲を深めながら楽しい学校生活を過ごしていってほしいなと思います。

20240502ensoku10

20240502ensoku01_5

20240502ensoku05_4

↑PageTop