ホーム 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校ブログ

高校教頭ブログ(9/20)

開山忌と慰霊祭
 9月21日~24日まで遊行寺では「秋季開山忌」が行われます(今年は縮小で22日から)。この期間は、時宗の開祖一遍上人の遺徳を偲び、様々な法要が行われます。ちなみに、4月21日~24日には「春季開山忌」が行われ、遊行寺を開いた呑海(どんかい)上人の遺徳を偲ぶ法要があります。
 一遍上人は、鎌倉時代の延応元年(1239)に瀬戸内海を制圧していた河野水軍の豪族の子として生まれました。以来多くの困難・試練を経験し、36歳のときに諸国遊行を始め、文永11年(1274)に熊野本宮大社証誠殿にて熊野権現より神託を受けて悟りを開きました。そして、51歳で亡くなるまで「遊行・賦算・踊念仏」を続けました。ちなみに、時宗の宗紋「隅切三(すみきりさん)」は河野家の家紋です。
 さて、秋季開山忌は、「お彼岸」の時期とも重なるため、以前は県内外各地から大勢の参拝者があり、東海道線の本数が今より少ない頃は、臨時列車まで出たという話です。境内は露店や見せ物小屋やサーカスまでが来て大いに賑わったそうです。今ではすかっり寂れてしまいましたが…。
 毎年、開山忌初日の午前11時より「藤嶺学園関係物故者追悼慰霊法要」、通称「慰霊祭」が営まれています。この1年間に亡くなった藤嶺学園関係者の霊を慰める法要です。この法要には、御遺族を始めとして、理事長先生や学園の御重鎮、そして藤嶺藤沢・藤沢翔陵・鵠沼の高1生が参列し、厳粛な中で行われます。法要後には、お上人より「お札」を頂くことができます。(残念ながら本年はコロナ禍ということで生徒の参列はありません。)
 では、なぜ、在校生が参列をして「慰霊祭」を行う必要があるのでしょうか。皆さんはお墓参りに行ったことがあると思います。どこのお墓にお参りしたかというと恐らく各々の「ご先祖」のお墓でしょう。では、なぜご先祖のお墓にお参りするのでしょうか。それは「自分へと連なる多くのご先祖のたった一人でも欠けたら、今の自分の存在はない。今自分達が生きているのはご先祖のお陰なのだ。だから、ご先祖に感謝をし、元気でいる姿を見せ、そしてこれからもご先祖に恥じないように一生懸命毎日を過ごす。」という気持ちがあるからでしょう。よく考えてみましょう。皆さんが藤嶺学園の生徒の一員であれば、卒業生や元職員の方々は、生徒としての皆さんにとっての、言わば「ご先祖」にあたるのではないでしょうか。「ご先祖」である卒業生の存在があったからこそ、今の学園があり、今の皆さんの学校生活があるのです。本来なら生徒全員が慰霊祭に参列すべきなのでしょうが、物理的な理由もあり、藤嶺藤沢・藤沢翔陵・鵠沼の各高校1年生だけが参列をします。「慰霊祭」を迎えるにあたり、先人へ思いを馳せ、翻って今の自分を見つめ直す機会にしてほしいと切に願うところです。

中学教頭ブログ(9/16)

 日清食品が世界初のカップ麺Cup Noodleを発売してから、今年の9月18日で50周年を迎えるそうです。発売当初の価格は100円で、袋麺の約4倍の値段でした。ということで、売れるかどうかは疑問視されていたそうです。初年度の売り上げは2億円。しかし、翌年の1972年には40億円を超える売上げを記録したそうです。なんと1年間で20倍以上も売り上げが跳ね上がったのです。その背景には、ある事件が絡んでいました。連合赤軍による浅間山荘事件です。9日間に及んだ人質立てこもり事件は、全国民が注目していました。テレビの視聴率はなんと89.7%という驚異的な数字を記録しました。当時小学生だった私は、学校で給食を食べながらテレビ中継を観ていたことを覚えています。機動隊員たちが極寒の中、おいしそうにCup Noodleを食べる姿が放送されたのです。この映像がCup Noodleの売り上げを爆発的に伸ばしたと言われています。テレビの力は恐ろしい限りです。

 さて、私もスープ代わりにカップ麺を食することがあります。しかし、最近はCup Noodleを食べた記憶はありません。There’s no accounting for taste.ですから、Cup Noodleを好む人と好まない人がいて当然です。私のおすすめのカップ麺を紹介します。それは、東洋水産から発売されている「激めん ワンタンメン」(193円・税抜)という商品です。「激めん」というネーミングのとおり、とにかく麺の品質が私のtasteにマッチします。これぞインスタントラーメンと言える出来栄えだと思います。騙されたと思って、一度食してみてください。イトーヨーカ堂系列のお店には必ず置いてあるはずです。

令和4年度生徒募集要項正式発表

令和4年度(2022年度)の生徒募集要項を中学入試、高校入試ともに正式発表いたしました。

本日、ホームページも更新しました。

今後の説明会等でお配りいたします。(PDFでプリントアウトも出来ます)

<中学入試> 令和4年度生徒募集要項ページはこちら

<高校入試> 令和4年度生徒募集要項ページはこちら

入試対策部

高校教頭ブログ(9/15)

 時宗総本山遊行寺では、毎年9月15日に踊り念仏の一つである「薄念仏会(すすきねんぶつえ)」という法会が営まれます。この法会では、遊行上人と6人の僧侶が薄(ススキ)を囲んでフシ(抑揚)のついた念仏を称えます。「ススキ」は、本堂内陣の前机の前に置かれた大花瓶に、松・青竹とともに生けられ、その青竹の高い位置に遊行四十二代尊任上人の「笹名号(ささみょうごう)」が掛けられます。また、内陣と外陣の境目には18個の白張提灯が吊るされます。藤沢市の伝承によると、法会の参詣者たちは18個の白張提灯を薄念仏が終了したときに競って取り合い、提灯を戴いて持ち帰り田や畑に吊るしておくと虫が付かないと信じられていたとのことです。
 さて、この薄念仏の起源については諸説ありますが、国宝『一遍聖絵』に描かれている「奥州江刺郡」の場面が有力です。『一遍聖絵』第五巻第三段によると、一遍上人は弘安三年(1280)に信州善光寺から奥州に向かい、江刺(現岩手県北上市)を訪ねます。そこには祖父である河野通信公の墳墓があり、それを囲んで僧尼が座して念仏している姿があります。その塚の上部には薄と思われる草が2~3株ほど描かれており、詞書には「墳墓をめくりて転経念仏の功をつみたまふ」と書かれていて、このとき行われていた踊り念仏を時宗教団では「薄念仏」と称しているのです。
 一遍上人の祖父「河野通信公」は、伊予国(愛媛県)の名族の出で、鎌倉時代の名高い武将であり、源平最後の合戦である「壇ノ浦の戦」では水軍を率いて源義経に加わり大活躍をしました。そして、源頼朝の妻である政子の妹を妻とし、頼朝の側で仕えました。しかし、後鳥羽上皇が幕府から朝廷に政権を取り戻そうとして戦いを起こした「承久の乱」(1221年)で、通信公は上皇側につき、戦に破れて江刺郡に流されてしまいました。そして、2年間ほど江刺郡極楽寺に庵をむすび、世捨人となって余生を送ったのでした。「聖塚(河野通信公墳墓)」は、現在「岩手県指定史跡」となっており、『聖絵』そのままの面影が今でも残っています。
 参考までに、『聖絵』のその段の最後は「身をすつるすつる心をすてつれはおもひなき世にすみそめの袖」という一遍上人の歌で締められています。その歌意は「身を捨てるという、その捨てる心さえ捨ててしまいましたので、もはやこの世に何も思いわずらうことのない墨染の姿(黒い衣を着た姿)なのです。」となります。まさに「捨聖(すてひじり)」と呼ばれた一遍上人らしい歌と言えるでしょう。

高校教頭ブログ(9/11)

 日本人24人を含む3000人近くが犠牲となったアメリカ同時多発テロから今日11日で20年になります。いわゆる「9.11」は、2001年9月11日(火)の朝、イスラム過激派テロリスト集団アルカイダによって行われた、アメリカ合衆国に対する4回の協調テロ攻撃です。この攻撃によって2,977人が死亡、25,000人以上が負傷し、長期にわたる健康被害に加えて、少なくとも100億ドルのインフラ・財産の損害が発生したということで、アメリカ史上最悪のテロ事件となりました。本日アメリカでは各地で追悼式が営まれ、犠牲者への祈りが捧げられます。
 さて、先週に引き続き本校の卒業生について記します。
 卒業生の名前は上重泰秀さん。1963年に生まれ、1986年から2006年までニューヨークに在住し、ファッションから報道まで幅広く活動し、数々のハリウッドスターやトップモデルを撮影しました。そして、ニューヨークに在住していた2001年に起きた「アメリカ同時多発テロ」を撮影取材し、写真集『GROUND ZERO』を日本で発刊したのです。写真集表紙には「NY崩壊 2001.9.11 世界が変わった日 写真家Jがたどる直後7時間の記録」とあります。その写真集は、2014年5月にニューヨークのワールドトレードセンタービル跡地に開館した「9.11メモリアルミュージアム」にもコレクションされているそうです。2002年(多分)の「藤嶺祭」では、上重泰秀さんの企画展示を行い、氏も来校されて熱心にお話をされていました。
 今週も藤嶺藤沢106年の歴史の重みを感じた次第です。

中学教頭ブログ(9/10)

 神奈川県における緊急事態宣言が再延長されました。Stay home の必要性は頭の中では理解できたとしても行動にはなかなか移せないのが現実なのではないでしょうか。

 私自身は立場上、不要不急の外出は避けているつもりです。休日での外出となると、買い物に出向き、荷物運搬人の役割を果たすくらいです。必然的に家で過ごす時間が長くなるわけですから、テレビに頼る時間が長くなってしまいます。日曜日の昼間はあまりテレビを見ないのですが、17時過ぎからは私の時間となります。ルーティンをご紹介させていただきます。

 17:30~ 笑点(日本テレビ)

 18:15~ 孤独のグルメ(BSテレ東)

 21:00~ ドリフ大爆笑(BSフジ)

 まずは「笑点」ですが、やはり故桂歌丸さんの偉大さを最近は痛感しています。春風亭昇太さんが悪いわけではないのですが、歌丸さんの名司会ぶりに勝てる人はいないように思います。

 運動不足のせいもあって、夕方になってもお腹が空きません。そこで登場する番組が「孤独のグルメ」となります。再放送の番組ですが、どうしても見たくなります。Hunger is the best sauce. という諺があるように、この番組を見た後は妻の手料理が一層おいしく感じられます。

 そして、日曜日の最後は「ドリフ大爆笑」で締めくくります。もちろん、これも再放送で、今から40年程前に放送されていた番組です。40年も前のコントを見て笑えるのです。コントのオチはわかっているのですが笑えてしまうのです。ザ・ドリフターズはすごい集団だったのです。

 最近のテレビ番組には不満を感じています。昔のように、腹を抱えて笑える番組が無くなってしまったように思います。食べ物に関するランキング番組や外食産業とコラボした番組が多すぎます。視聴率優先の番組制作は避けられないのでしょうか。

 

中学入試 オープンスクール 受付9/9スタート

 10月9日(土)に4年生以上を対象としたオープンスクールを予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、今年度のオープンスクールは5・6年生限定とさせていただき、1講座20名までの少人数での実施とさせていただきます。4年生の皆さん、申し訳ございません。

オープンスクールチラシはこちら

オープンスクール申込はこちら (オープンスクールの受付は9月9日9時~)

オープンスクール(5・6年生限定)

 体験授業は

   茶道・剣道・陶芸・理科実験・英会話・体育の6講座よりお選びください。

 
予定 受験生 保護者

10:00~10:20

10:30~11:10

11:30~12:10

学校紹介DVD上映

体験授業①(1時間目)

体験授業②(2時間目)

個別相談

ミニ学校説明会

(DVD上映/生徒による学校紹介)

体験授業見学・個別相談

個別相談

体験授業①と体験授業②のそれぞれの講座を選んでください。

片方のみやミニ説明会のみのエントリーも可能です。

(※ミニ説明会のみ参加希望の方は、1時間目は希望しない、2時間目は1時間目のみを選択してください。)

藤嶺藤沢を肌で感じてください。皆さんの参加お待ちしています。

(オープンスクールの受付は9月9日9時~)

オープンスクールチラシはこちら

オープンスクール申込はこちら

高校教頭ブログ(9/4)

 8月24日(火)に開幕した東京2020パラリンピックは、間もなく9/5(日)に閉会式となります。テレビ等で観戦している人も多いと思いますが、オリンピックとは違う「凄み」を感じます。また、パラリンピックに対しても各国が本格的な強化を行うようになってきたので、各競技のレベルも格段に上がっているということです。
 さて、何と本校卒業生にはパラリンピック金メダリストがいることを知っているでしょうか?その人は、2008年北京パラリンピック大会自転車競技で金・銀・銅全てのメダルを獲得した石井雅史さん(48)です。石井さんはプロ競輪選手として活躍していましたが、2001年に練習中の事故で、言語・記憶障害や左足の麻痺などを負ってしまいました。世界大会に手が届く直前の事故で、懸命にリハビリに挑みましたが、第一線への復帰は叶いませんでした。一度は心が折れかけたそうですが、「それでも競技を続けたい」という思いを強くしていたときに、周囲から提案されたのがパラサイクルへの転向でした。石井さんが主に取り組むのは「Cクラス」と呼ばれる、機能障害や麻痺のある障害者が対象のクラスでした。競技で使うのは通常の二輪自転車で、厳しいリハビリに耐えなければなりませんでしたが、「また挑戦できる」という喜びが勝ったそうです。懸命な努力を経て出場した2008北京パラリンピックで大ブレーク!同一大会で金・銀・銅メダルを獲得したのです。
 石井さんは2009年から(公財)藤沢市みらい創造財団で非常勤職員として勤務し、障害者スポーツの啓発活動など広報活動を担当しています。「諦めないで続けるためには、諦めさせない環境が大切。改善するためには、まず障害者の状況を知ってもらうこと。支援の輪を広げていくことが目標。」と語っています。

高校だより9月号

高校だより9月号を掲載しました。

高校だより9月号はこちら

中学教頭ブログ(9/2)

 先日、大規模接種会場にてワクチンを接種していただきました。

 桜木町駅からシャトルバスが7分間隔で運行されています。会場の横浜ハンマーヘッドまでの所要時間は10分程度。到着すると、スタッフの方が会場へと誘導してくれます。迷うことは絶対にありません。17時の予約でしたので少し早めにと思い、16時30分に到着。30分程待つことを想定していましたが、「予約時間の25分前からご案内します」とのことでした。5分も待つことなく会場内に案内され、番号の記された椅子に着席。10分程待って、予約票と接種券の確認。続いて問診票のチェック。確認が終わると医師からの問診。接種に問題がないことを確認して、いよいよ注入となります。女子大生と間違えてしまいそうな若い看護師さんに接種をしていただきました。その後、15分間の待機。待機終了の時間が記されたカードが渡されます。17時14分終了。出口で係員の方がそのカードを回収しながら健康状態をチェックします。さらに、ハンマーヘッドの職員の方からチラシが配られます。接種券を提示すると「ありあけのハーバー」がもらえるそうです。また、飲食店では10%割引などの案内がチラシに記されていました。大規模接種会場のスタッフの方には頭が下がります。一寸の不安を感じることなく、40分足らずで無事接種が終わりました。

 横浜市職員の方のご尽力に感謝いたします。