学校生活

ホーム 学校生活 クラブ活動/生徒会活動 生物部

クラブ活動/生徒会活動

生物部

生物部の基本的な活動は、毎年部員同士が話し合いでテーマを決めて研究し、学園祭で発表することです。部員が多い年は複数のチームに分かれて研究した結果を生物室で発表することになります。

過去には(1)昆虫採集して標本作製、(2)魚のチリモン(=チリメンジャコの中に混じった様々な生きものを探し出し、写真撮影して製本する)、(3)プラナリアの生態と3チームに分かれて研究し、同時に発表した年もありました。

学園祭の出し物として「金魚すくい」を行い、遊びにきてくれた子供達を楽しませることも生物部の恒例となっています。

他の活動としては、月に1度程度、江ノ島で釣りをしたりする野外活動があります。江ノ島ではヒイラギ・シタビラメ・ボラ・メジナなどが主に釣れます。もちろん釣りを楽しむことが主ですが、ただ釣るだけでなく、その生態や骨格などを調べる研究へと発展させていく部員もいます。近々、海水魚から幅を広げ、河川に棲息する淡水魚を求めて学校近くの川に網を持って行こうという計画も進行中です。生物室内での熱帯魚の飼育などの地道な活動も継続しているのですが、大学の標本室見学など出来るだけ生物室から外に出て活動する機会を増やしていきたいと日々計画しています。

現在、サソリをふ化させて飼育しています。生き物に興味がある方は是非来てください。